アムドで中国武警が僧院を封鎖


チベット東部アムドのンガバにあるキルティ僧院で、中国武警が僧院を封鎖し、食糧の供給も絶つという異常事態が起きています。


詳細は、こちら

SFT(Students for a Free Tibet: スチューデンツ・フォー・フリーチベット)は、非暴力で平和的な社会的、政治的、経済的活動を通じて、世界中の若い世代にチベットで起こっている人権侵害の現状を知ってもらい、支援活動への意識を高めると同時に、チベット問題の平和的な早期解決を求めることを目的に設立された団体です。
1994年にアメリカで発足したSFTは、現在までに高校、大学、地域を拠点とした650の支部を数える団体に成長し、35カ国でチベット問題を訴えています。

連絡先
sftjapan2008_at_gmail.com
[0]Home
[1]ニュース&アクション
[2]キャンペーン
[3]チベット問題とは
[4]SFT日本について
[5]力を貸してください
[6]SFT関連リンク
[7]寄付金

copyright©2008
Students for a Free TIBET Japan
All Rights Reserved